113巻11月号表紙

2020年11月号表紙

2020年11月号

【表紙画像説明】
次世代赤外線天文衛星SPICAの,原稿執筆時点の最新の構成・形状.SPICAは,2014年にESAと行った検討で,Planckの経験を活かした横置き配置(衛星のサービスモジュールに対し,望遠鏡が横倒しとなる)での成立性が確認され,以来この構成で検討が進められてきたが,昨年来行われた検討の結果,2020年1月に元の縦置き配置に戻ることになった.本図は,2020年4–6月に行われたESAの審査会に合わせて作成された最新の衛星構成図である.(ESA提供)

【表紙デザイン】表紙製作:中村 翠
11月号は月の様子です.11月にぴったりな,神秘的でどこか冷たさを感じる月をイメージしました.


表-2 日本天文学会賛助会員名簿   PDF
広告   PDF
目次   PDF

SPICA特集(1)

巻頭言 SPICAが切り拓くサイエンス 長尾透・尾中敬  蔵出し
次世代赤外線天文衛星SPICAの概要 山村一誠・金田英宏・尾中敬  蔵出し
SPICAが革新する銀河・ブラックホール進化サイエンス 泉拓磨  蔵出し

ニュートリノ天文学特集(2)

IceCubeによるニュートリノ天文学の展望 石原安野・吉田滋  蔵出し

天球儀

礼文島金環日食
 ―実現に向けての日食委員会記録と礼文島日食再検討―
日江井榮二郎・相馬充 公開
〈2019年天体発見功労賞〉
  私の星への思いと,新天体発見の歩み
西山浩一 公開

シリーズ: 天文学者たちの昭和

海部宣男氏ロングインタビュー
 第8回:すばる望遠鏡(中編)
高橋慶太郎  公開

雑報

日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 East-Asia AGN Workshop
登口暁  公開
日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 Linking galaxies from the epoch of initial star formation to today
鈴木智子  公開
日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 Exploring the Infrared Universe: The Promise of SPICA
馬場俊介  公開
日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 Supernova Remnants II: An Odyssey in Space after Stellar death
春日知明  公開
2018年度 博士・修士論文タイトル一覧   公開

月報だより

寄贈図書   公開記事
月報だより   公開記事
表-3   PDF
表-4   PDF

天文月報目次一覧へ

天文月報ホームページへ