全国同時七夕講演会

このページの情報は2010年のものです。最新の情報はhttp://www.asj.or.jp/tanabata/にあります。

講演会の詳細 (京都大学)

主催 京都大学
会場 京都大学 宇宙物理学教室 (理学部4号館)5階会議室
所在地 京都市左京区北白川追分町
講演者 長田哲也(京都大学教授)
講演タイトル 「2010年、赤外線で見る織姫・彦星・天の川」
講演の内容20世紀後半から、可視光だけでなく様々な電磁波で宇宙を観測できる
ようになり、人類の宇宙観はまったく変わってきた。
織姫星(ベガ)、彦星(アルタイル)、天の川(銀河系)もまた、
赤外線で探ることにより、それまでの可視光の観測だけではわからな
かったことがいろいろと明らかになってきた。
これらについて図をまじえながらお話しするとともに、宇宙に関する
疑問に答えたい。

事情が許せば、最後に宇宙物理学教室屋上の望遠鏡で金星を観望する
予定である。(なお、18時を過ぎると宇宙物理学教室の建物に新たに
入館することができなくなります。)
実施日時7月7日 17:30 - 19:00
観望会
事前申込不要
対象どなたでも
費用無料
問合せ先メールで、kiroku[at]kusastro.kyoto-u.ac.jp へ。
Webページhttp://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~nagata/tanabata.htm