講演会の詳細 (甲南大学)

このページの情報は2014年の七夕講演会に関するものです。最新の情報はhttp://www.asj.or.jp/tanabata/にあります。

講演会番号 50
主催 甲南大学
会場 甲南大学8号館812教室
所在地 神戸市東灘区岡本8-9-1
講演者 大田泉(甲南大学理工学部)
講演タイトル インフレーションの痕跡を測定:ビッグバン重力波と宇宙背景輻射観測
講演の内容現在の宇宙論では、宇宙は急激な膨張(インフレーション)により始まったと考えられています。
そうだとするとインフレーションによる重力波の痕跡が見えるかもしれません。
最近、米国の衛星による宇宙背景放射の観測でこの重力波の痕跡が見つかったという報告がありました。
もしそれが本当なら観測できる宇宙の領域が飛躍的に広がったことになります。
日本でもこの重力波痕跡の測定を目指して観測装置の開発が進んでいます。
この宇宙背景放射の検出方法とビッグバン重力波の観測について分野外の人にも分かるように解説します。
実施日時2014年7月11日 17:00 - 18:00
事前申込不要
対象どなたでも
費用無料
問合せ先078-435-2482