講演会の詳細 (京都コンピュータ学院)

このページの情報は2011年の七夕講演会に関するものです。最新の情報はhttp://www.asj.or.jp/tanabata/にあります。

主催 京都コンピュータ学院
会場 京都コンピュータ学院京都駅前校
所在地 京都市南区西九条寺の前町
講演者 作花一志 京都情報大学院大学教授    第1部 15:10-16:40
島 尚徳 京都コンピュータ学院准教授  第2部 18:00-20:00
講演タイトル 七夕の星々と天変
講演の内容七夕の星であるベガ、アルタイルについての話題から始め、星の終末について解説し、将来超新星爆発が起こったらどのように見えるか『明月記』の記載を紹介しながら解説します。
また天体シミュレーションソフトを使って来年の金環食を眺めます。
晴れれば天体観測(月、土星)も行います。
実施日時7月8日 15:10 - 20:00
観望会
事前申込必要 申し込みフォームより https://support.kcg.ac.jp/kcg/workshop.html
定員:100名(第1部 15:10-16:40)  
    50名(第2部 18:00-20:00)
申込締切7月5日(定員になり次第締切)
定員100人
対象どなたでも
費用無料
問合せ先https://support.kcg.ac.jp/kcg/workshop.html