112巻9月号表紙

2019年9月号表紙

2019年9月号

【表紙図説明】
小惑星の族を提唱した平山清次(宮城県出身)と,日本人で最初の小惑星を2個発見した平山信(東京府出身)は,ともに東京帝国大学理科大学星学科の教授を務めた.大学の卒業年度では,清次は信の8年後輩にあたる.
清次の読み,せいじ(Seiji)は,同じ所属の信(Shin)とイニシャルが区別できないため,英文論文を書く時だけKiyotsuguと記したとされてきた.
この通説は,「平山族発見75周年記念」の国際会議集録(1994年)を清次のご遺族にお届けした際,清次の母親が「せいじ」と呼んでいたと教えられたこと,および履歴書や学士会名簿の記載によって確認することができた.(写真:国立天文台所蔵)

【表紙デザイン】
9月号の絵のタイトルは「M51」で,子持ち銀河のM51を自分なりのタッチで描こうと試みた作品です.表紙にする際,天の川の画像を合成しています.このM51は自分のタッチでうまく表現できたと大変満足していますが,一緒に描いた M51b は気に入らず,没になっています.そのうちまた描くかもしれません.(素材提供:国立天文台)
天の川の中心付近
https://www.nao.ac.jp/gallery/weekly/2013/20131106-milkyway.html


特集:平山族100周年

巻頭言: 小惑星100万個時代を迎えるにあたって 吉川真  蔵出し
小惑星の族 伊藤孝士  蔵出し
平山清次(1874‒1943)の生涯と研究
 ~小惑星の族発見をめぐる諸相~
吉田省子  蔵出し
平山族とダストバンド 石黒正晃  蔵出し
平山族と衝突実験 中村昭子  蔵出し

全天X線監視装置 MAXI 10周年特集

全天X線監視装置 MAXI 連続観測10年 三原建弘&MAXIチーム  蔵出し
MAXI によるX線新星の発見 根來均  蔵出し
MAXIによるブラックホールX線連星の長期モニタ:
 非常に大きな増光を示したMAXI J1535-571と MAXI J1820+070の観測成果
志達めぐみ  蔵出し

シリーズ: 天文学者たちの昭和

小暮智一氏ロングインタビュー
 第5回:歴史から学ぼう
高橋慶太郎  PDF

シリーズ:安全保障と天文学

「安全保障と天文学」日本天文学会声明にいたるまでの経緯報告 柴田一成・土居守・伊王野大介  蔵出し

雑報

日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 35th International Cosmic Ray Conference
信川久実子  PDF
日本天文学会 早川幸男基金による渡航報告書
 United Nations/United States of America Workshop on the International Space Weather Initiative:  The Decade after the International Heliophysical Year 2007
関大吉  PDF

月報だより

月報だより   公開記事

天文月報目次一覧へ

天文月報ホームページへ