天文学を楽しむ

  1. ホーム
  2. 天文学を楽しむ
  3. 記者発表

記者発表

更新日:2020/09/09

2020年秋季年会 弘前大学 (オンライン)

高速電波バーストを用いた宇宙論的電離ガス分布の解明に向けた理論模型の構築

高橋 龍一(弘前大学)、井岡 邦仁(京都大学)、森 明日香(弘前大学)、船橋 光貴(弘前大学)
U13a

新しい生活様式における理科教育の実践 ―望遠鏡キットを用いて自宅で天体観察―

縣 秀彦(国立天文台)、瀧澤 輝佳(松本市立島内小学校)
Y01a

(2019年度)日本天文遺産の認定について

「キトラ古墳天井壁画」 「明治20年皆既日食観測地及び観測日食碑」 「6mミリ波電波望遠鏡」

2020年春季年会 筑波大学

新型コロナウィルスの影響により中止

2019年秋季年会 熊本大学

135億年前の星形成の痕跡を発見! 〜最遠の「老けた銀河」探査〜

馬渡 健(東京大学)、井上 昭雄(早稲田大学)、谷口 義明(放送大学)
X54a

双子原始星からのふぞろいな分子流から連星系形成の謎に迫る

川邊 良平(国立天文台)
P141a

2019年春季年会 法政大学

超遠方宇宙に大量の巨大ブラックホールを発見

松岡 良樹(愛媛大学)、柏川 伸成(東京大学)
X02a

地球型惑星の形成現場を描き出す - ALMA望遠鏡で捉えた"原始ミニ太陽系" -

工藤智幸 (国立天文台)、橋本淳 (アストロバイオロジーセンター)、武藤恭之 (工学院大学)
P204a

2018年秋季年会 兵庫県立大学

超巨大ブラックホールを巡る高密度のドーナツ状ガス雲

今西 昌俊、泉 拓磨(国立天文台)、和田 桂一(鹿児島大学)
S21a

国際協力でついに完成!星のゆりかご、オリオン星雲の広域精彩地図

中村文隆、川邊良平(国立天文台)、土橋一仁(東京学芸大学)
P106b

2018年春季年会 千葉大学

中性子星合体をとらえた! マルチメッセンジャー天文学の大きな飛躍

吉田 道利、内海洋輔、田中雅臣(J-GEM)
W103a, W104a, W105a, W108c; W101a, W102a, W109b

巨大星の最期・超新星爆発直前にとらえた強力な磁場
~ 雲隠れに垣間見る、大爆発寸前の巨大老齢星 最期の姿の新事実 ~

新永 浩子(鹿児島大学)
N03a

日本天文学会、天文用語集を広くインターネット公開

縣 秀彦、岡村 定矩 (インターネット版天文学辞典 ワーキンググループ)
Y01a

2017年秋季年会 北海道大学

銀河の形を運命づけた110億年前の転換現象
~すばる×ハッブル×アルマの最強タッグで完全解剖~

但木 謙一、児玉 忠恭
X18a

世界最大級の電波写真集が描き出す銀河における星の誕生過程

徂徠 和夫、久野 成夫、村岡 和幸、宮本 祐介
R05a; V105a, R06a, R07a, R08b, R09b, R10b

2017年春季年会 九州大学

A Massive Dense Gas Cloud close to the Nucleus of the Seyfert galaxy NGC 1068

古屋玲

ダスト放射で探るマゼラン流における低金属量ガスの分布の解明

古賀真沙子

2016年秋季年会 愛媛大学

TW Hyaの原始惑星系円盤に対するALMAを用いた高分解能多周波観測

塚越崇

ふれあい天文学 6年間の軌跡 - アンケート調査から見えてきたこと

縣秀彦

2016年春季年会 首都大学東京

日韓合同VLBI観測網KaVAによるM87ジェット加速領域の高頻度・高解像度モニター

秦和弘、紀基樹
S11a

2つの銀河団の衝突合体により巨大衝撃波が生まれる瞬間をとらえた

加藤祐一、中澤知洋、赤堀卓也、牧島一夫
Z333c

2015年秋季年会 甲南大学

Ia型超新星における核融合反応の最終プロセスをX線で解明

山口弘悦

国際天文学連合 (IAU) の国際的な天文学普及活動の現状と課題について
-日本の天文学コミュニティーの知られざる国際貢献の紹介を兼ねて-

縣秀彦